2007年01月26日

「いずれ夢は、実現する」特別講義

今日は八戸海上保安部に引き続き、青森県無線利用漁業協同組合の西山主任から「漁業無線について」と題して、特別講義をしていただきました。
西山主任が勤務を始めた昭和39年には、家庭の電話、イカ釣り船にも無線がない時代だったそうです。
その後、急速に電話、無線が普及し、漁業も沿岸から沖合へ、沖合から遠洋へ進出。現在では、全世界の海で漁業をする漁船と無線交信をされている状況をお話しいただきました。
現在では、携帯電話、レーダー、ソナー、インマルサットなどの通信、探索技術の進歩を漁業者も受ける時代となっています。当時ではマンガの世界、夢のようなことが実現していることに驚かれていました。
まだまだ、技術の進歩があり、漁業無線の利用は少なくなってきていますが、緊急の情報手段としての無線の役割はなくならない。沿岸漁業でも漁協毎に十分な利用を学院生にも周知されました。
この他、人工衛星(下記画像)で水温、プランクトン、流れなどの情報が迅速に分かり、漁業への利用も図られていることを教えていただきました。
musen0126-1.jpgmusen0126-2.jpg
musen0126-3.jpg
posted by わくりん at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32143769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。