2007年02月28日

海の男さなれ!40分テープ50本の思い(特別講義)

今日の午後、NHK青森の赤桐ディレクターが取材のためお出でになりました。
この機会に、昨年の8月10日に全国放映になったにっぽん夏紀行シリーズ「海の男さなる〜青森・漁師の卵たち〜」を企画・作成された赤桐ディレクターから、プロのディレクターの思いを語って頂きました。
全国的に好評を博した番組であったことから、赤桐さんも思いひとしおであったことを聞きました。
取材1ヶ月半、取材では40分テープが50本。東京での編集2週間(ほとんど缶詰状態)。これからの24分への編集でした。
学院生も2週間の東奥丸での日本海イカ釣り実習を寝食をともにした思い出が明瞭に浮かんだようです。
ナレーターの泉谷しげる氏が、学院生を見て、赤桐ディレクターのシナリオを、自分の思いを込めたプロ魂がすごかったようでした。
その泉谷氏を本気にさせたのが、学院生でした。
これから船出だ。学院生がんばれ!
その「船出」編の企画も赤桐ディレクターが進行中です。
akagiri0227-1.jpgakagiri0227-2.jpg
posted by わくりん at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。