2007年01月24日

風波の中で刺網・ハモ胴実習

今週の日中は、昼に風が強く波があります。
その中で、刺網・ハモ胴実習をしています。
午前は特別講義、午後は実習と頭と体を鍛えています。
0124-1.jpg0124-2.jpg
0124-3.jpg0124-4.jpg
0124-5.jpg0124-6.jpg
posted by わくりん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大きいヒラメは、鮮度がいい」特別講義

今日の3時限目は、県ふるさと食品研究センターの雫石技師に「漁獲されたヒラメの取扱いと鮮度の関係について」と題して、特別講義をしていただきました。
今回の研究には、雫石技師が学院生と一緒に定置網で漁獲されたヒラメを使用しています。
魚の硬直指数、K値(鮮度の指標)について、大きさ、取扱い(締め方、温度など)により、その鮮度変化を解明されていました。
この結果は、青森県が推進するヒラメの資源管理とブランド化に役に立つものであり、やり方によっては、「食べ頃が分かり、こだわりの売り方ができる」ことが提案されました。
shizukuishi-1.jpgshizukuishi-2.jpg
posted by わくりん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「海をあなどるな!」特別講義

今日の1〜2時限目は、深川栄助 海洋学院同窓会長(昭和26年度漁民修練道場賓陽塾卒)による特別講義でした。
賓陽塾時代から独学で習得した天文航法と資格を元に、若干20才から船長を務め、ミッドウェイ海域など世界の海を股にかけての体験談を語っていただきました。
気象、海象を熟知し、自然、海をあなどらなければ、安全航海ができることを協調されました。
特に、天文航法では、当時、八戸の地元では数少ない、六分儀を操れる船長として、活躍されたことから、実物を持参され、学院生に説明していただきました。
また、当時の独学した学習ノートも持参され、見せてくれました。
fukagawa-1.jpgfukagawa-2.jpg
fukagawa-3.jpgfukagawa-4.jpg
posted by わくりん at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の蕪島

今朝は、北西の風が吹いていますが、大寒過ぎの肌を突き刺す寒さではありません。曇りの一日のようです。
kabu0124-L.jpgkabu0124-R.jpg
posted by わくりん at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕪島だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。