2006年12月20日

深川同窓会長 講話 所訓「根性」「誠実」「努力」

同窓会長 深川榮助氏から講話をいただきました。会長は、学院発祥の青森縣漁民修練道場賓陽塾第15回生(昭和26年度卒)です。
25〜60才まで世界の海を股にかけ、マグロ延縄漁業を行っていました。
若くして、漁労長になった背景は、漁民道場時代から、もっと学びたいという思い出で、天文航法などを独学で学び、当時、八戸でも5本の指に入る天測ができたことによるものでした。
「船長、漁労長になる」という目標を持ち、努力をしたたまものでした。
学院生には、「目標のあるなしで、大きな差が出る」ことから、所訓の「根性」「誠実」「努力」の大切さを伝えていただきました。
fukagawa1220-1.jpgfukagawa1220-2.jpg
fukagawa1220-3.jpgfukagawa1220-4.jpg
*延縄道具造作 ハンドプレッサー(大間ではガチャンコ)
posted by わくりん at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8号を発行しました

学院生の活動をご覧下さい。
keikaidayori-8.pdf
posted by わくりん at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 恵海だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年一年を一文字の漢字で表すと..

今年の世相を表す漢字は、「命」でした。
学院生にも一年を振り返り、考えてもらいました。
yume1219-1.jpgyume1219-2.jpg

進 :大 西 漁師に向かい、微速前進
一 :金 谷 漁師への一歩
獲 :川 口 免許をとった。魚を獲る。
初 :木 浪 初めて来て、使った言葉、とことん学び、体験
思 :佐 藤 思い出一杯
楽 :武 部 楽しい一年
挑 :中 村 試験に挑戦、これからも挑戦
力 :新 田 力をつけたい
勢 :長谷川 勢いでここに来て、勢いで卒業
初 :船 橋 すべて初めて
力 : 南  力がついた、考える力がついた
極 :村 畑 人として極めた
夢 :涌 坪 夢中で過ぎ、これから夢を持ちたい
   *教務課長からは、夢を持ち続けることを願いました。
posted by わくりん at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷川出納長 講話 プロジェクト:ヒラメとサケを増やせ!

19日 公務の途中に海洋学院に立ち寄られました。この機会に学院生への講話をお願いしました。「いつも頭を使って、工夫をすること。いつか役に立つ、頑張れ〜!」というメッセージをいただきました。
長谷川出納長は、農林水産部長として、そして水産職の出身として、青森県の水産業をリードしてこられました。その経験から、自ら手がけられた「青森県の魚 ヒラメの栽培漁業・資源管理」と「サケ資源の倍増計画」について語っていただきました。
suitouchou1219-1.jpgsuitouchou1219-2.jpg
ヒラメについては、ヒラメに注目した理由、栽培漁業基地建設、運営のために、基金造成したこと。特に、基金には行政、業界、そして漁業者(水揚げから協力金)が一致協力して取組んだことを強調されました。漁業者が負担することで、大きくして漁獲する資源管理に自ら取組むことにつながったようです。
また、サケの倍増計画では、かつて県内8河川で1万5千尾であったものが、現在21河川で30万尾と20倍以上に増えたこと。その原点は、深浦町の水産業普及員時代に取組んだ海産親魚(海で獲れたサケを蓄養した後、採卵、人工授精)があった。ここでも定置網漁業者の全面的な協力を得たことを披露していただいた。ふ化場でも、湧水の条件が悪く、当時は戻ってくるサケの量が大きく離されていた岩手県に、「負けたくない!」という意地で、「どうやって増やせるのか?」、知恵と工夫で取組んだことを語っていただきました。
長谷川出納長、学院生に実体験の熱いメッセージをありがとうございました。
posted by わくりん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尻労(東道村)からOB来訪

3人のOBの方が来訪してくれました。
実習終了後の学院生にもエールをいただきました。
3名の方は、尻労(東道村)出身で、卒業後、漁業会社経験後、地元や外で定置網などに携わっています。
学院生には、「ここ(当時は修練所)が一番良かった。ここでやったこと(実習)が一番役に立っている」と伝えていただきました。
1219OB.jpg
前列左から、佐々木元教官、熊谷先生(当時教務課長)、小向井氏(S62度卒)
後列左から、畑中(H1度卒)、小向井氏(H6度卒)、小笠原先生
posted by わくりん at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新巻、サケトバ作り 継続中

19日は塩抜きしたサケの新巻干し、塩抜き後に干したサケのサケトバを切って調味液に付けました。あとは、浜の寒風が仕上げます。
aramaki1219-1.jpgaramaki1219-2.jpg
toba1219-1.jpgtoba1219-2.jpg
toba1219-3.jpgtoba1219-4.jpg
posted by わくりん at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。